シミ取りクリーム ランキング

シミ取りクリームランキング

 

ランキング

 

シミ取りクリームランキングをお知らせします。

 

 

シミ取りクリームが効くシミと効かないシミ

 

シミ取りクリームを紹介していく前に、シミの種類及び、シミ取りクリームがどのシミに効くかを解説していきます。

 

 

シミの種類と有効な治療法

 

顔にできるシミには5種類あります。

 

  • 老人性色素斑:紫外線や外部からの摩擦などの刺激によりできるシミで、加齢とともに段々濃くなっていく傾向があります。
  •  

  • 炎症性色素沈着:ニキビ跡や傷跡などがシミになったもの。時間がたてば次第に消えていくものもある。
  •  

  • 肝斑:30〜50代の女性の顔に出てくるシミで、女性ホルモンが主な原因で紫外線も影響しています。閉経とともになくなっていくシミ。
  •  

  • そばかす:遺伝的要素が強いシミで、幼少期から思春期にかけてできてきます。
  •  

  • 脂漏性角化症:老人性色素斑がさらに紫外線を浴びて大きく立体的になったもの。

 

 

シミ取りクリームが効くシミ

 

上記で紹介したシミの中でシミ取りクリームが使えるシミは、老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑、そばかすの4つです。

 

 

シミができるメカニズム

 

メカニズムは?

 

シミに有効な成分はいくつもありますが、有効な成分を知る前に、シミができるメカニズムをお知らせします。

 

しみは肌が外部の紫外線などの刺激を受けてメラノサイトがその刺激を防ぐために作るメラニンが蓄積したもので、通常であればターンオーバーにより皮膚の表面から排出されるのですが、体調がすぐれなかったり、加齢によりターンオーバーの速度が遅くなると、次第に肌内部に蓄積されシミになっていきます。

 

 

シミ対策に有効な成分

 

シミ対策に有効な代表的な成分として、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、アルブチンがあります。

 

ハイドロキノンは、肌の漂白剤ともいわれる成分で、今あるシミを薄くし消してくれます。目安として2.0%以上の濃度のものを使う際には医師の診察を受けて使った方が良いです。

 

ビタミンC誘導体とアルブチンはメラニンの生成を抑える成分で、美白成分として、それらが配合されている化粧品は医薬部外品にも指定されます。

 

ビタミンC誘導体にしても、アルブチンにしても、かなり以前から美白化粧品の成分として使用されているので、その安全性については折り紙付きです。

 

 

シミ取りクリームの選び方

 

シミ取りクリームは無数にあってどれを選んでよいかわからないもの。こちらではシミ取りくーむの選び方をお知らせします。機械的に良いクリームを絞ることができるのでチェックしてみてください。

 

シミに有効な成分を配合

 

当然、シミに有効な成分を配合している必要がありますが、多くのクリームに採用されている成分の中から選ぶ方が比較できて良いです。ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、アルブチンは多くのクリームに配合されている成分ですので、この3つのうちいずれかを含むクリームを選ぶようにしましょう。

 

肌に合ったシミ取りクリーム

 

シミ取りクリームはお肌に一定の刺激を与えるため、敏感肌の方は十分注意して選ぶ必要がありますね。最近では刺激性成分が無添加の商品も増えてきていますので、そういうものを中心に選ぶだけでなく、ハイドロキノンもナノ粒子で覆い、肌表面を刺激しないものも出てきているので、効果的だが刺激の少ないクリームというのも選んでみるのも良いでしょう。

 

どのタイプのシミに使うか

 

シミには顔全体に広がるものと、一部分に濃くあるものの2種類があります。シミ取りクリームには顔全体に広げるものとスポット型の2種類があるので、自身のシミの種類に応じて、選ぶクリームの種類を考えるようにしましょう。

 

 

シミ取りクリームランキング

 

シミ取りクリームランキングです。上記のシミ取りクリームを選ぶポイントに沿っておすすめのクリームを3つご紹介します。

 

ビーグレン

 

ビーグレン

 

カリフォルニア大学のブライアンケラー博士が自らのがんの研究に使っている技術を応用したQuSomeカプセルに美容成分を含めて使った女性から高い評価を得た美容液がビーグレンです。QuSomeホワイトクリーム1.9は濃度1.9%のハイドロキノンクリームを配合し、肌表面を刺激せず、角質層の奥まで届けます。

 

ビーグレンに7日間分を1,800円で使えるトライアルセットが用意されており、30日間の返金保証もついているので、もしお肌に合わないようなら返金要請をすることもできます。スポット型としてもスキンケアタイプとしても使えるのでおすすめです。

 

アンプルール

 

アンプルール

 

皮膚科の先生が開発をしたハイドロキノンの美容液とクリームのセットです。美容液はスポット型で1点型のシミにつけ、クリームは顔全体につけることで顔全体のくすみも防ぎます。7日分1,890円のトライアルセットもあるので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

 

シズカゲル

 

シズカゲル

 

ニューヨークに在住の皮膚科医とエステティシャンが開発した敏感肌のためのシミ取りクリーム。オールインワンタイプですので、時短コスメを求めている人にお勧めです。1つ9役で30日分を2,980円で使えます。主成分はアルブチンでビタミンC誘導体も配合しているため、非常に効果を期待できます。

 

 

シミ取りクリームランキングまとめ

 

シミ取りクリームランキングについて大切なことをお話ししたうえで3つの商品をご紹介しました。ちゃんとスキンケアしたい人から時短でやりたい人、効果の高い成分か低い成分か、スポットタイプかスキンケアタイプか、などなどを考慮して良いクリームを見つけてくださいね!

 

 

 

 

page top